中卒子沢山父それでも仮想通貨1万円ではじめました。

中卒貧乏子沢山父が仮想通貨を知り知識0から資金1万円で学びながら子ども達のお菓子代10年分を稼ぐのを目指す記録

100円以下!!で買える通貨 Nexus (NXS)

おはようございます。

健康診断に引っかかりそうなので痩せなければいけないのに

お米が大好きで炭水化物とりすぎで

資産とは逆に体重は激増です。

さて今回の仮想通貨は

100円以下になったり100円を超えたりを

繰り返していますが記事を書き始めたタイミングでは

100円以下だったのでこのままいきます。

父が反応!Nexus Nexus (NXS)

Nexus Nexus (NXS)の紹介です。

 

通貨名 Nexus(NXS)

最大枚数78,000,000 NXS

仮想通貨ランキング60位

現在1NXSが107円!すみません超えてしまいました。

 

 ネクサス(Nexus)とは

人類を中央のシステムから解放しようとしています。

 

分散化だけでは十分ではありません。

 

私たちは分権型を分散させなければなりません。

 

ネクサスは、ソフトウェアとハードウェアを使用して、

最も分散化されたシステム、つまりネクサスアース(Nexus Earth)の基盤を構築しようとしています。

 

このネットワークは、第一世界から第三世界へのすべての人に力を与えるでしょう。

 

誰もがお金を持っているわけではありませんが、誰もが時間があります。

 

すべてを分権化する時が来ました。

 

暗号通貨の基盤は、分散された原則に基づいて構築されるべきです。

 

ネクサスはこの使命を達成しようとしています。

 

ネクサスは、高速、安全、分散型のトランザクションを可能にする、3つのセキュリティチャネルを介して分散された分散型の世界規模のネットワークです。

 

ネクサスのこれらの3つのセキュリティチャネルには、プライムマイニング、ハッシュマイニング、Nexus Proof of Stake(nPOS)などがあります。

安全性

 

ネクサスは、セキュリティとネットワークの安定性を向上させたネットワーク認定評判のコンセンサスと信頼キーのチェックとバランスに加え、571ビット暗号化(ビットコインよりもはるかに安全)を備えたQuantum Computer Resistant Private Keysも提供しています。

 

つまり、ネクサスは世界で最も安全な暗号通貨として扱われます。

将来的に

現時点ではブロックチェーンネットワークを拡張することで、現在の金融取引システムと効率的ではないデータベースと競合し、最終的にはそれを置き換えることができる新しいデータ構造が開発中です。

 

この新しいデータアーキテクチャにより、ネクサスネットワークは成長し、ネットワークによって追加の容量が要求されるため、処理の増加に対応できます

ハードウェアインフラストラクチャがそのトランザクションシステムと

互換性があることを可能にするために、

航空宇宙産業内の関係を積極的に構築しています。

 

ネクサスは、ブロックチェーンとネクサスネットワークを

宇宙から送信するための基盤を構築しています。

既存のハードウェアインフラストラクチャの下では、

暗号通信は技術的に電気通信技術と政府技術産業の下にあります。

 

ネクサスは、ソフトウェアとハードウェアの両方の開発と組み合わせ、

集中金融機関の人々を自由にすることを目指しています。

 

っと凄〰く長く成りましたが

父が最初に反応したポイントは通貨名称と

ロゴのかっこよさでした。