中卒貧乏子沢山父それでも仮想通貨1万円ではじめました。

中卒貧乏子沢山父が仮想通貨を知り知識0から資金1万円で学びながら子ども達のお菓子代10年分を稼ぐのを目指す!現在1年分確保

通貨辞典 BITCOIN(BTC)

 BitCoinの記事

 

Bitcoin Bitcoin (BTC)とは

 

通貨名(通貨単位).Bitcoin(BTC)

最大枚数・2100万BTC

購入できる取引所・ザイフコインチェックPoloniex・Bittrex

仮想通貨ランキング・1位

現在価格(日本円換算)・約285536円

公式サイト・

チャート

 

内容

インターネットを通じて流通する仮想通貨の一種。

中央で管理する企業や組織などをもたず、

P2P(ピアツーピア)での

相互決済(仮想通貨価値の移転)を可能にする仕組み。

決済に金融機関を通さないため、

とくに国際的な通貨価値のやり取りにおいて

経費や手数料などを低く抑えられる利点がある。

電子マネーの一種と紹介されることもあるが、

電子マネーは、通常企業や組織が管理して提供する電子的な

貨幣的価値のことであり、

ビットコインを「電子マネー」とよぶのは正確ではない。

2009年1月にサトシ・ナカモトSatoshi Nakamotoの論文に基づいて

流通が開始されたとされるが、

サトシ・ナカモトの実態は明らかにされておらず、

実在の人物であるかどうかも含めて詳細は不明である。
 取引はネットワーク上のデジタルデータのやり取りで行う。

取引の承認には膨大な計算量が必要になるが、

その計算は世界中にいる「採掘者」とよばれる人たちが行っている。

取引の承認とは、すでに存在する承認記録(「ブロック」が「チェーン」状につながったデータ)に新たな「ブロック」をつなげる作業である。

そのブロックは、ハッシュ関数(元の数値や文字列から固定長の疑似乱数を生成する関数)を使う総当りで、

ある「ハッシュ値」をみつけだすことで

正規の取引であることが承認され

ブロックどうしがつながる。

理論上は、通常のコンピュータを所持していれば

だれでも採掘を行うことができるが、

高性能のコンピュータを多数連結して、

多大なリソースと電力を使用する採掘がほとんどであり、

一般の個人ができる状況にはない。

世界の採掘者は日常的に競いあってこの承認作業を行い、

最初にその取引の承認を行うための記録ができた採掘者には、

報酬や手数料としてコインが与えられる。

チェーン状になった承認データについては全世界のコンピュータにそのコピーが記録され、改竄(かいざん)は困難である。

かりに改竄を試みたとしても、全世界の採掘者が使用しているコンピュータリソースを上回る計算量が必要となり、

事実上不可能であることから、信頼性が確保されている。

問題点

現在ビットコインを送金しようと思うと凄く時間がかかり

早く送るにはそれなりの手数料が必要この流れで

8月1日問題

送金スピードを早く&手数料を下げてほしい

ユーザー側(その解決策としてMONAやLitecoin で行ったSegwit賛成派

今のままで儲かって(手数料)いるのに

余計な事(Segwit)するな!!っと言っているマイナー側

このマイナー側が(ほぼ中国企業)がこれ以上余計な事するなら

分裂するぞ!と脅しをかけている。

これが父が理解している8月1日問題

 

中卒父がまとめると

仮想通貨を知らない方でも名前くらいは

聞いたことがあるであろう仮想通貨界のキング

買い物に使える・電気代も払えるなど順調に広まっているが

8月1日問題があるため価格が何度か暴落している。

この問題が解決するまでは少し様子見が良い通貨