中卒貧乏子沢山父それでも仮想通貨1万円ではじめました。

中卒貧乏子沢山父が仮想通貨を知り知識0から資金1万円で学びながら子ども達のお菓子代10年分を稼ぐのを目指す!現在1年分確保

ICO情報 EOS これはあり??

おはようございます。父です

今回違う意味で気になるICOがあり記事にします。

最初に言いますが

父はこのICOには参加しませんしオススメもしません

それでは、今回の通貨は

EOS

f:id:kodaku3-coin:20170706092101p:plainEOSとは

 

通貨名(通貨単位).EOS(EOS)

最大枚数・10億EOS

購入できる取引所・Kraken /Liqui 

仮想通貨ランキング・12位

現在価格(日本円換算)・約300円

公式サイト・EOS - Decentralize Everything

概要

イオス(EOS.IO)は、

分散アプリケーション『EOS.IOソフトウェア』の垂直および

水平スケーリングを可能にするように設計された

ブロックチェーンアーキテクチャを導入するソフトウェアです。

これは、アプリケーションを構築するための

オペレーティングシステムのような構造によって実現されます。

このソフトウェアは、アカウント・認証データ・ベース・非同期通信および複数のCPUコアおよび/またはクラスタにわたるアプリケーションのスケジューリングを提供します。

その結果得られるテクノロジは、1秒間に何百万件ものトランザクション

拡張する可能性のあるブロックチェーンアーキテクチャであり、

ユーザー費用を削減し、分散アプリケーションの迅速かつ容易な展開を可能にします。

 EOSトーク

block.oneはEOS.IOソフトウェアを構築していますが、オープンソースのEOS.IOソフトウェア(EOSプラットフォーム)を採用しているパブリックブロックチェーンプラットフォームは設定および起動されません。

EOSプラットフォームの立ち上げは、block.oneとは無関係のコミュニティメンバーによって行われます。

EOSプラットフォームを起動する第三者は、EOSプラットフォームの起動前、起動中、または起動後に、EOS.IOソフトウェアを削除、変更または補足することができます。

なお、EOSトークンはEOSプラットフォーム上で、任意の用途、目的、属性、機能、または特徴を権利、使用、目的、属性、機能または特徴を持っていません。

中卒父がまとめると

まず頭の悪い父にはEOSの良さが分かりません!!

 

購入前の注意事項確認画面

7.1。権利、機能または特長がありません。EOSトークンには、明示的または黙示的な権利、使用、目的、属性、機能または機能はありません。EOSプラットフォームは、EOSプラットフォームが立ち上げられ、EOS.IOソフトウェアの開発が終了し、EOS.IOソフトウェアが採用され、実装されていても、EOSプラットフォームに参加する資格はありません。

7.2。EOSプラットフォーム。購入者は、EOSプラットフォーム上でEOSトークンを購入するべきではありません。なぜなら、EOSトークンはEOSプラットフォーム上では使用できず、EOSプラットフォームに関しては何も購入者に権利を与えないからです。

っと書いてありEOSトークンには価値がない!使えない!

と明記されています。

最近のICOの実現可能不可能は別として未来を感じさせてくれる説明とは違い

価値がない!使い道がない!と言い切る

潔さはある意味凄いですが...

貧乏な父にはせめて(何倍になるかワクワク・ドキドキ)くらいは

見させてくれるようなでないとえません。

なので

父の勝手なEOS評価

  • 将来性★☆☆☆☆
  • 一発性★☆☆☆☆
  • 危険性★★★★★

総合評価 

父購入絶対しない!!

です。

 

それでは

ありがとうございました。また次回