中卒!貧乏!子沢山!!父それでも仮想通貨1万円ではじめました。

中卒貧乏子沢山父が仮想通貨を知り知識0から資金1万円で子ども達の将来の為に稼ぎます!!祝30倍達成!!新目標100万円を目指す!

IOTA(MIOTA)イオタ

おはようございます。父です。

今回はIOTA(MIOTA)の記事です

 

まだ勉強途中で今後追記&手直し等します。

 

 

IOTA IOTA (MIOTA)とは

 

通貨名(通貨単位).IOTA(MIOTA)

最大枚数

購入できる取引所・Bitfinex

仮想通貨ランキング・8位

現在価格(日本円換算)・27円

公式サイト・IOTA - Next Generation Blockchain

概要

イオタ(Iota)は、モノのインターネット(IoT – Internet of Things)用に最適化された、まったく新しい、新規のマイクロトランザクション暗号トークンです。

他の用途を考慮して設計された、ビットコイン(Bitcoin)などの複雑で重いブロックチェーンとは異なり、イオタは『IoT』という部分に重点を置いて『Iota』という名前が付けられています。

今後10年間に私たちの近代的な景観に浸透する接続デバイスの数は、500億と推定されています。

これらはそれぞれ、世界をより良く、よりシームレスな場所にするために設計されています。

この素晴らしい約束と結びついているのはもちろん、克服すべき大きな課題であり、そのうちの1つがマイクロトランザクションです。

これらの接続されたIoTデバイスは、追加のハードウェアを導入することによって製品の設計を妥協することなく、摩擦のない方法で互いにわずかな金額を自動的に支払うことができなければなりません。

これがイオタが考えられた理由です。

これはIoTに直面するスケーラビリティの問題に対する解決策として開発されたものですが、基本プロトコルは無関係であり、マイクロトランザクションを利用する他のユースケースにも適用できます。

これらの大胆な目標を達成するために、イオタの設計はブロックチェーン暗号から根本的に分岐しました。

分散コンセンサスブロックチェーンの主要な原理アイデアは依然として残っていますが、相互に接続されている何十億ものデバイスを持つ今後のインターネット環境の規模に合わせて拡大するためには、非常に軽量で効率的です。

この問題は、イオタの中心的な革新である『Tangle(タングル)』によって解決されています。

Tangle

イオタの主な革新は、スケーラビリティと軽量性を備えた画期的なブロックレス分散型元帳である『Tangle』です。

今日のブロックチェーンとは対照的に、コンセンサスはもはや切り離されるのではなく、システムの本質的な部分であり、分散型で自己規制型のピアツーピアネットワークにつながっています。

中卒父がまとめると

凄い未来を感じる通貨

先日CMで電気ポッド(湯沸し)がネットにつながっていて

離れてくらす家族におばあちゃんがいつお湯を沸かしたかメールでリアルタイムに連絡がいくことで本人に連絡を取らなくても安否確認できるみたいなCMがあり

これからの高齢化社会これは便利だなんて思いましたが

これからはTV・冷蔵庫・エアコン家電は勿論の事 車・バイク・自転車や

鍵・家までネットにつながる時代が数年後に来ると思います。

そういう物のインターネットに少額からの支払い・セキュリティ対応特化しているのがIOTAと言う通貨だと思います

IOTATangleという技術を使い今までのブロックチェーン技術よりもさらに効率の良い技術を使って、送金手数料無料・処理スピードの高速化を実現しているということです。

父の勝手な評価(5段階)

将来性★★★★★

爆発力★★☆☆☆

安定度★★★★☆

危険度★★★☆☆

総合評価 4

総発行枚数が多い為安定して上がる長期ホールドおすすめ通貨

今購入して数か月~数年寝かせたら面白い‼かも

 

 数年寝かせて無くなってしまっても父は責任をとれません

 

それでは

ありがとうございました。また次回