中卒貧乏子沢山父それでも仮想通貨1万円ではじめました。

中卒貧乏子沢山父が仮想通貨を知り知識0から資金1万円で学びながら子ども達のお菓子代10年分を稼ぐのを目指す!現在1年分確保

Lisk(LSK) リスク

こんばんは。父です

今回紹介する通貨は

Lisk(LSK)リスクです。

Lisk Lisk (LSK)とは

通貨名(通貨単位).Lisk(LSK)

最大枚数・上限無し

購入できる取引所・コインチェック/Bittrex/Poloniex

仮想通貨ランキング・25位

現在価格(日本円換算)・約205円

公式サイト・Lisk - Blockchain Application Platform

概要

Lisk分散型ブロックチェーンアプリケーションは、純粋なJavascriptでリスク上にビルドされ、強力なLisk APIを利用します。

さらに、すべてのアプリは独自のサイドチェーンで動作し、リスク自体が安全でスケーラブルな状態に保たれるようにします。

現在開発中で、これらの機能は2017年第4四半期に利用可能になります。

Liskは、Bitcoin、Nxt、BitSharesなどの分散ネットワークです。BitcoinやNxtのようなステークの証拠のようなProof of Workを利用していません。Liskは、Delegated Proof of Stakeと呼ばれるBitSharesのオリジナルコンセンサスアルゴリズムの簡略化された実装を使用しています。つまり、LSK所有者はすべて、ネットワークを確保しているメインチェーン代表に投票することができます。ネットワーク全体で最も多くの投票権を得ているアクティブなメインチェーン代表者は101人に過ぎず、ブロック世代の報酬を得ることができます。つまり、アクティブな代表者になるための財政的インセンティブがあります。他のすべての代議員は、待たれて待っているか、代わりにLiskのサイドチェーンを確保しています。

暗号性

Liskは暗号化であり、トークンはLSKと呼ばれます。LSKをある口座から別の口座に送るには10秒かかり、約1〜2分後にはトランザクションは不変と見なすことができます。

フレームワーク

LiskのApp SDKには、独自の側鎖を導入し、それらの上にblockchainアプリケーションを開発するためのフレームワークです。すべてがJavaScriptで書かれています。つまり、プラットフォームに依存しないソーシャルネットワークメッセンジャー、ゲーム、金融アプリケーション、予測市場、取引所、ストレージプラットフォーム、契約実行プラットフォーム、経済、オンラインショップ、IoTアプリケーションなどを独自のブロックチェーンで完全に分散し複雑なコンセンサスプロトコルP2Pネットワーキングアルゴリズムの手間を省くことができます。

中卒父がまとめると

イーサリアムと同じく分散型プラットフォーム型通貨です

Javascriptというイーサリアムよりも簡単に誰でも扱えるプログラム言語なので色んな分野に応用しやすく普及しやすい特徴があります。

価格が一時は400円を超えていましたが

現在は200円台と約半額になっています。

期待度は高いので価格は戻っていくかと

父の勝手な評価(5段階)

将来性★★★☆☆

爆発力★★★★☆

安定度★★☆☆☆

危険度★★★★☆

総合評価 3

 

通貨名称をしている気がする通貨

日本の取引所で購入できるのは

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

今の価格(200円台)なら購入してもよいかと。

父も期待少額購入済