中卒貧乏子沢山父それでも仮想通貨1万円ではじめました。

中卒貧乏子沢山父が仮想通貨を知り知識0から資金1万円で学びながら子ども達のお菓子代10年分を稼ぐのを目指す!現在1年分確保

Stratis (STRAT) ストラティス

おはようございます。父です

今回記事にする通貨はStratis(STARAT)です

 

 

Stratis Stratis (STRAT)とは2017/8/05

 

通貨名(通貨単位).Storatis(STRAT)

最大枚数・9849万323STRAT

購入できる取引所・Poloniex/Bittrex

仮想通貨ランキング・11位

現在価格(日本円換算)約720円

公式サイトStratisPlatform – We make blockchain easy for you.

概要

Stratisは、分散型元帳技術を使用してビジネスソリューションを

作成したい金融機関や他の企業を対象とした

サービスとしてブロックチェーンを提供する、

英国に本拠を置くブロックチェーンのスタートアップ企業です。

Stratisの開発プラットフォームであるnStratisは、

純粋なC#とMicrosoftの.Netフレームワークを使用して

カスタマイズされたブロックチェーンアプリケーションを

作成できるため、新しいブロックチェーンソリューションの

開発ライフサイクルがより簡単で迅速になります。 

さらに、企業は、APIおよびライトクライアントを介してアクセスできる

nStratisを使用して、独自のプライベートブロックチェーン(サイドチェーン)を作成できます。 すべてのプライベートブロックチェーンはStratisのメインブロックチェーンで保護されています。

Stratisは主にマイクロソフト製品を対象としたツールを開発しています。 したがって、企業がブロックチェーンアプリケーションを作成するための機能を提供するAzureクラウドサービスにStratisをStaSをBlock-as-Serviceとして追加したことは驚くべきことではありません。

Stratisの後ろのチームは、2016年に創業者を創設した経験豊富な開発者からなるソフトウェア開発者Chris Trewによって率いられています。

StratisとEthereumの違いは?

StratisとEthereumはどちらも、開発者が企業向けに分散アプリケーションとスマートな契約ソリューションを構築できるようにします。 しかし、この2つにはいくつかの大きな違いがあります。

まず、2つのプラットフォームは異なるコーディング言語を使用します。 Ethereumのネイティブコーディング言語はSolidityであり、Stratisは共通のコーディング言語C#を使用しています。 これにより、プログラマは新しいプログラミング言語を習得する必要がないため、Stratisでソリューションを開発することが容易になります。

第二に、ストラチスは、契約をサイドチェーン上で容易にすることができます。 しかし、Ethereumでは、すべての契約はメインのEthereumブロックチェーン上で実行され、時にはネットワークを詰まらせます。

第3に、Stratisはステーク・オブ・ステーク・コンセンサス・メカニズムを使用し、Ethereum(まだ)は作業証明を使用しています。 Ethereumの設立者Vitalik Buterinは、Ethereumが今後のさらなる証拠開示に切り替えると発表しましたが、200億ドル以上の市場価値を持つブロックチェーンにこのような重要な更新を加えることが可能かどうかという疑問があります。

StratisがいくつかのEthereumの課題(つまりサイドチェーンとステークホルダーの証明)、Stratisプロジェクトに提供するソリューションを提供することで、将来のブロックチェーン業界において潜在的潜在的な役割を果たす可能性も十分に高いです。

ブリーズウォレットとTumbeBit

Stratisは2017年3月にTumbeBitの匿名性機能を活用してビットコインのプライバシー問題に対応するビットコイン用ウォレットを作成することを目的としたBreeze Walletというプロジェクトを発表しました。

TumbleBitはC#および.NETアプリケーションのプロトコル層であるため 、TumbleBitの支払い匿名機能をブロックチェーンに統合して、主要なStratisブロックチェーンおよびサイドチェーン上のトランザクションの財務上のプライバシーを強化することができました。 これは、取引上のプライバシーがビジネス上および規制上の理由から非常に重要な金融機関にとって魅力的な機能です。

中卒父がまとめると

EthereumやLiskと同じくプラットフォーム型通貨

調べる限りLisk(リスク)に近い

Ethereumの問題点をLiskと同じくサイドチェーンと言う方法で対処し

ビットコインの匿名性をさらに高めるBreeze Walletなど

調べてみるとかなりの有望通貨

父の勝手な評価

将来性★★★★☆

爆発力★★★★☆

安定度★★★☆☆

危険度★★★★☆

総合評価 4

数年後Ethereumを超える可能性のある通貨の1つ

今買い数年放置で

もしかしたら・・っと期待できる通貨

 

それでは、

ありがとうございました。また次回