中卒貧乏子沢山父それでも仮想通貨1万円ではじめました。

中卒貧乏子沢山父が仮想通貨を知り知識0から資金1万円で学びながら子ども達のお菓子代10年分を稼ぐのを目指す!現在1年分確保

Waves (WAVES) ウェーブス

こんばんは。父です。

今回記事にする通貨は

 Waves (WAVES)です

 

Waves Waves (WAVES)とは

(2017年9月11日)

通貨名(通貨単位).Waves (WAVES)

最大枚数・1億WAVES

購入できる取引所・Bittrex・liqui

仮想通貨ランキング・18位

現在価格(日本円換算)・1WAVES=452円

公式サイト・Waves Platform

概要

ウェーブスはScalaで書かれた独自のブロックチェーン上に構築され、カスタムトークンを主な特徴とする、いわゆる分散型の金融取引プラットフォームです。

カスタムトークン、または『カスタムアプリケーショントークン(CAT – Custom Application Tokens)』は、幅広い用途に使用できます。

これらは、分散型のクラウドファンディング、ならびに金銭およびデジタル通貨の譲渡、取引および保管を可能にします。

本質的に、カスタムトークンは、ウェーブスブロックチェーンを通じて暗号的に保護されている間に割り当てられた任意の値を表すことができます。

分散型で操作を必要としない投票システムにより、プラットフォーム上に構築されたプロジェクトは、コミュニティーとのコミュニケーションと意思決定を行うことができます。

ウェーブスのロードマップ上には評判システムがあり、その機能はネットワーク活動および他のパラメータに基づいて特定の評判スコアをアカウントに割り当てることです。

ウェーブスプラットフォームはProof of Stakeコンセンサスアルゴリズムに基づいて独自のブロックチェーンを実行しています。

ブロック時間は1分で、各ブロックの処理能力は100です。

新しいブロックを生成するプロセスは、鍛造(forging)またはステーキング(staking)と呼ばれます。

マイナーがブロックを生成するチャンスは、ステーク数と総ステークに基づいています。

簡単な例を作ってみましょう:ボブは100,000ウェーブスを鍛造しており、仕事中のウェーブスは50,000分の1です。

次のブロックを生成する彼のチャンスは、100’000 / 50’000’000 = 0.2%です。

ウェーブスの供給は100,000,000 WAVESに固定されています。

それ以上は発行されません。偽造者の報酬は、偽造ブロックに含まれる取引手数料からのみ生じます。

だからこそ、多くの企業やその結果としてユーザーがプラットフォームを使用することが不可欠です。

より多くのネットワーク参加者は、偽造者に高い報酬を与えるより多くの取引を意味します。

これは投資収益率(ROI – Return on Investment)の向上につながり、したがって市場参加者が投資するためのより強いポイントとなります。

中卒父がまとめると

Nxtから分裂した通貨

BitSharesと似ていて

 

www.kodaku3.com

 

 法定通貨(ドル、円、ユーロ)などに業者の取引場を使わずに

DEX(分散型取引所)で交換でき

仮想通貨暴落時の逃げ先に使われることも

その他

CATーカスタムアプリケーショントークンを使い

手数料わずか1WAVESで、独自のトークを発行できる。

父の勝手な評価

将来性★★★★☆

爆発力★★★☆☆

安定度★★☆☆☆

危険度★★★★☆

総合評価 3

正直父はこれ系統の通貨の

頭が悪く理解できない為

上手く説明も出来ません

仮想通貨資産の逃げ先の一つ

 位の認識です。すみません(´;ω;`)

それでは、

ありがとうございました。また次回